Snow License Manager

あなたの組織でWindowやOfficeがどのバージョンでどれくらいインストールされ使われているかわかりますか?
AcrobatやOffice365、またはクラウド上のソフトウェアのライセンスで年間コストがいくらかかっているか管理していますか?
ソフトウェアを原因とするビジネスリスクに対応するためにも、組織で利用されているIT資産、とりわけソフトウェア資産を適切に管理するとともにITサービスの効率化を図るための管理手法である“SAM” (Software Asset Management)

ソフトウェア資産管理を導入する必要があります。
Snow Softwareは、ソフトウェア資産管理(SAM)ソリューションの最大のディベロッパーです。Snow Softwareの「License Manager」はエンタープライズにおいて、ライセンスの使用状況や過剰なライセンスを視える化し、最適な状態へと導く手段を提供します。アイ・ネット・リリーコーポレーションの管理サーバはすでに運用されているため、お客様は新たにサーバを構築する必要はありません。サーバ登録とAgentインストールを行うことで必要な情報は自動的に収集され、使用状況を追跡することができます。

製品の特徴

・ソフトウェアとクラウドサービスを完全に可視化
・オンプレミス、クラウド、およびモバイルを対象
・環境内のすべての資産を発見
・最新のビューを取得
・強力なレポーティング機能を提供

Snow License Manager概要

SNOW AgentはクライアントOSのユーザ領域で動作するアプリケーションのためお客様環境に不具合を与える可能性は極めて低く、主要なアンチウイルスソフトウェア、ソフトウェア管理アプリケーションは検証しており動作に問題はありません。
Agentが収集した情報はWebインターフェース(ブラウザ)で多角的な観点からライセンス状況確認を行うことができます。