ランサムウエア対策の課題

ランサムウエアは、ファイアーウォール,ネットワークセキュリティー,アンチウイルスソフトなどをすり抜けて侵入してきます。
すり抜けて来た場合でも、ファイルを攻撃から完全に守る事が重要です。
バックアップには、人手も時間もストレージコストもかかります。ランサムウエア攻撃を受けた後、データ復旧にも多くの時間がかかります。
つまりコストがかかり、復旧にも時間もかかるという課題があります。
加えて、多くの企業では、ランサムウエア対策は急務だが、IT部門の要員が少ない、セキュリティーに詳しい人も少ない、いつもセキュリティー対策に充分な予算がさけない、といった課題も抱えています。

NeuShieldは、全く違うアプローチで課題解決

これらの課題を解決し、低コストでファイルを完全に守り、すぐに復旧可能にするため、
NeuShieldは、従来と全く違うアプローチをとっています。

  • 革新的な機能-Mirror Shielding(特許技術)
    ランサムウエア攻撃者はコンピュータのオリジナルのデータファイルにアクセスしていると信じ込みますが、NeuShieldの場合、実際にはそれらのミラーイメージしか見ていません。オリジナルファイルは、隔離されており、保護層で守られています。
    これを実現しているのが、NeuShieldの革新的な技術、Mirror Shielding(特許技術)です。
    この機能により、攻撃を受けたデータは完全に守られ、お客様はオリジナルファイルを簡単に復元できます。
    この他に、NeuShieldは、いくつもの革新的な機能を有しています。
  • 簡単な導入/すぐに運用開始
    NeuShieldは、簡単にすぐに導入可能。セキュリティー要員が少ない中でも、すぐに運用開始が可能です。
  • 安価
    価格が安いため、充分な予算がない中スタートできます。
    (年間4,200円/クライアントライセンス)
  • 世界での導入実績
    NeuShieldは全世界25カ国以上の金融機関、病院、製造業、教育機関で導入実績があり、安心してお使いいただけます。
  • 他ソフトとの共存
    現在、お使いのアンチウイルスソフトやバックアップソフトに加えて、お使いいただけます。

NeuShieldの革新的な機能

ランサムウエアは、もう怖くない

NeuShield Data Sentinelは、ランサムウェアからの攻撃を検知し、ブロックするだけではありません。NeuShieldは、悪意ある攻撃により被害を受けたデータをバックアップが無い状態からでも、復旧できる唯一のアンチ-ランサムウェアの技術を持っています。Data Sentinelは、Mirror Shielding 技術によりファイルを保護しておりますので、あなたの大事なデータが、ランサムウェアの攻撃を受けても、すぐに復旧することができます​

製品の特徴

  • Mirror Shielding特許技術になります。保護膜を保護したいファイルに張り、ファイルが変更される事を防ぎます。​Mirror Shieldingは、攻撃者がPCのオリジナルファイルにアクセスできたと信じさせますが、アクセスしているのは、オリジナルファイルのコピーにしかアクセスできていません​
  • One-Click Restoreランサムウェアからの攻撃後に、OS(オペレーティングシステム)を復旧し、攻撃前の状態にシステムを即座に復旧してくれます。One-Click Restoreは、既知、未知のランサムウェアを取り除いてくれます​
  • Boot Protectionドライブのブート部分を保護します。攻撃性が高いランサムウェアは、ブートレコードへ侵入してアプリケーションがブートレコードへの書き込みを行う事を妨害します​
  • Data EngramsMirror Shieldingをより便利にして、一定時間間隔で保護膜を張ることが出来ます。Data Engramsは世代管理を行なっており、以前のバージョンを選択し、その状態に戻す事ができます​
  • ディスク保護全ての直接接続されているディスクを監視し、悪意のあるプログラムがハードディスクやSSDのデータを壊そうとしたり、データを消去しようとするのを防いでいます​
  • クラウドドライブ保護ローカルにマウントされたクラウドドライブのフォルダーをデータを壊したり、暗号化する事から保護しています。One Drive, Google Drive, DropBox, Box.comといったサービスをサポートしています​
  • File LockdownFully UnDetectable (FUD) – 検知不可能)のランサムウェアが攻撃し、データを改竄、暗号化しようとした場合は、一時的に書き込みの権限を止めて、改竄、暗号化できないようにします​
  • PCへの影響はほぼ無し10MB以下のメモリー使用量と、とても軽いエンジンなので、実質上CPUとディスクへの余分な負荷はありません​

システム要件

オペレーティングシステム

Windows 7, 8.1, 10, 11
Windows Server 2008 R2, 2012 (including R2), 2016, 20191

CPU

1 gigahertz (GHz) or faster processor

メモリ

1 gigabyte (GB) for 32-bit
2 gigabyte (GB) for 64-bit

ディスク容量

50MB free disk space minimum; 10GBs of free disk space recommended2

お問い合わせ/資料請求はこちら

NeuShield Data Sentinel 2.1についての詳しい資料をご提供

お問い合わせ

Mirror Shieldingとは?

何人かの同僚と会議をしてビジネスプランを書いている所を想像してみてください。ビジネスプランをホワイトボードに書き出していき、数日かけて完成させていきます。ということは、夜は、そのままにされており、他の人も見る事もできます。絶対に消えないペンで書かない限り、他の人が来て、消したり、書き換えたりすることもできます。多分、あなたはホワイトボードに、「消さないで」とメモを貼るでしょうが、他の人は、見逃すか無視してしまう事があるでしょう。

一つの方法として、ホワイトボードの上にガラスを貼り付けてしまうという事です。こうすると他の人は、ガラスの上の情報しか、書き換えたり、消したりできませんので、ガラスの下にあるホワイトボードに書いたビジネスプランは守られています​

Mirror Shielding

これは、Mirror Shieldingがどのように動作しているかに関連しています。NeuShield Data Sentinelをインストールすると、直接変更できないように、保護するファイルに保護膜を加えます。アプリケーションが保護されているファイルを変更しようとすると、リダイレクトし、保護膜の上に変更箇所を保存します。これにより元のファイルには変更は加えられていません。後ほど、元のファイルに戻したければ、保護膜の上のデータを削除すれば良いだけです。この保護膜の上のデータを削除することを復元と呼んでいます​

復元

復元は意図していないファイルの変更を元に戻すのに有用です。例えば、間違えて新しい文章を既存の文章に上書きしてしまった場合などは、元の既存の文章に戻せます。サイバーセキュリティでは、ランサムウェアや悪意のあるマルウェアがファイルを書き換えた場合には、書き換え前のファイルに戻せます。ランサムウェアがファイルを暗号化した場合、暗号化されたファイルは保護層の上に保存され、元のファイルは保護層の中にあるので、変更されていません。ですので、復元を行う事で暗号化されたデータは消去され、暗号化される前のファイルに戻ります​

パフォーマンス

この技術は、ファイルを復元するだけではなく、パフォーマンスにもメリットがあります。バックアップが行うファイルのコピーや復旧よりも、ファイルを消すだけの方が圧倒的に速度が速くなります。NeuShield Data Sentinelは、保護されているデーターの復元が即座に行えます。

このやり方は、単にファイルを復元するのが早いだけではありません。保護層の上には変更されたファイルを保存しているので、ディスクに書き込まれますが、実質上は、追加のリソースは不要なので、NeuShield Data Sentinelは、あなたのPCのパフォーマンスに影響を与える事なく、ファイルを保護してくれます​