新年のご挨拶

明けましておめでとうございます
皆様には健やかに新春を迎えられたこととお慶び申し上げます
また、旧年中はひとかたならぬご厚情を頂き誠にありがとうございます

本年も何卒ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます

 

<本年の抱負>

2019年は年号が平成から令和に変わり、新たな時代に踏み出しました。

弊社も時代の流れに遅れない様、新しい目標に向けて漕ぎ出しております。

守るために攻める、孫氏の兵法にも同様の主旨で格言が多く出てまいります。技術を磨き前進することで、守るべき技術や事業が明確になるものと思っております。

インフラ基盤を事業の中心に置き、役務系のビジネスから、サービスやソリューションのご提供に向けた新たなビジネス領域を開拓してまいります。

社員一同一丸となりサービス向上に尽力して参ります。

さて、昨年は、銀行系次期システムが完全更改となり、続いて支店や店舗外のネットワーク更改プロジェクトがはじまりました。現在も継続中ですが、現場作業も社内メンバーによる内製化を図り利益率の向上に貢献しています。

 

今年は自国開催のオリンピック、パラリンピックの年となり、令を尽くし、和を重んじながら、華やかな21世紀の祭典が今夏執り行われます。

オリンピック景気による経済効果が環境整備にとどまらず、多くの産業で出ており、インフラ基盤に留まらず、環境基盤やセキュリティーエリアにいたるまでを拡大しております。

 

世界に目を向けると、トランプ大統領、プーチン大統領、習近平総書記の保守的な政治運営と相対し、イギリスのEU離脱を二度の国民投票の結果推進しているイギリスのジョンソン首相、安倍政権の長期化はどちらの路線にむかうのでしょうか?

令和の元号の基、国民主導の政治としてほしいと思います。

 

何卒、本年も変わらぬご愛好を賜りますよう

ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

 

令和二年 元旦   アイ・ネット・リリー・コーポレーション株式会社

代表取締役   志村 毅